儲かる居酒屋 開業計画

居酒屋で独立開業!美味しいフランチャイズ情報

儲かる居酒屋を開業したい方は、こちらをお読みください

居酒屋オーナーとして成功するために一番大切なのは、立地の良さや、旨い酒肴ではありません。場所やメニューも大切な要素ではありますが、もっとも肝心なことは、初期費用をいかに抑えるか低資金で開業し、オープン後のランニングコストも抑えることができれば、成功の可能性が飛躍的に高まります。

居酒屋開業で成功するための4か条

1、小規模店舗であること
100人単位の宴会が毎週開かれる居酒屋など、今のご時世ではなかなかありません。飲食店初心者なら小規模の居酒屋からはじめ、運営スキルを磨いてから少しずつ店を大きくしていく。そして多店舗経営へ乗り出す。これが鉄則です。

2、調理の手間がかからないこと
飲食店の現場でよく聞かれる悩みが、「人手が足りない」という話。こだわりの料理を提供したいという思いがある一方で、それをつくる人が足りないのでは本末転倒ですよね。おいしいけど調理の手間がかからない料理を提供する。これが成功のポイントです。

3、メニューに特色があること
調理に手間がかからない料理といっても、どこの店でも提供しているメニューばかりだと客は遠のいていきます。自店でしか提供できないオリジナルメニューがあって、それが客の評判になることが居酒屋サクセスストーリーのはじまり。

4、大がかりな設備を必要としないこと
飲食店には、業務用冷蔵庫やコンロ、換気扇・ダクト、テーブル、イス、食器…など設備や備品がたくさんあります。それに加え、店の雰囲気を演出するインテリアの工事費など、こだわりはじめると資金はいくらあっても足りません。まずは必要最小限をそろえ、大がかりな設備を必要としない店の形態を考えてみましょう。

 

低資金で居酒屋を開業する方法は「フランチャイズ」がベスト

フランチャイズ居酒屋を開業するには

では、低資金で開業できてオープン後の経費も抑えられる居酒屋をはじめるには、どうすれば良いのでしょうか。そんな方には、フランチャイズという選択肢がオススメです。

フランチャイズの居酒屋には、さまざまな形態がありますが、小規模店舗であってもブランド力による集客や、こだわりの食材を手配できるスケールメリットがあります。

また、ほとんどの料理が完成形に近い状態で搬入されるので調理の手間も省けます。チェーン店でもオリジナルメニューが提供できる会社(本部)もありますから、そういった会社と提携することで特色あるメニューの開発も可能です(開発費を支援してくれるところもあります)。

居酒屋の開業に最適な居抜き物件

さらに「居抜き」といって、以前同じ業態だった店舗をそのまま購入することで、設備や備品などにかかるコストを抑えることもできます。

このほかフランチャイズチェーンであれば、自分も含めた人材教育(調理面、サービス面など)も受けられますし、運営ノウハウも学ぶことが可能など、多くのメリットが享受できるのです。

 

開業資金別のオススメ居酒屋フランチャイズチェーン

▼▼ 気になる居酒屋チェーンをクリック ▼▼

開業資金500万円未満
やきとん十四 やきとり大吉 炭火焼八剣伝
開業資金500~1,000万円
浜焼太郎 チャオチャオ餃子 一軒め酒場
開業資金1,000万円以上
やみつきのした 串かつでんがな はなの舞
村さ来 赤から 金の蔵Jr

ご覧になってわかる通り、開業資金はフランチャイズ本部によってピンキリです。
はじめての居酒屋開業なら、無理せず、低資金で開業できるフランチャイズがオススメですよ。

このサイトでは、上記以外にもチェーン展開する会社の開業資金や運営コスト、利益率などの情報などをまとめています。気になる会社があれば、チェックしてください。これから独立開業したいという方々にとって、このサイトの情報が少しでも有益になれば幸いです。


【おすすめコンテンツ】

 

飲食店経営においてのマストアイテム

飲食店の経営において人件費・材料費などの経費の管理や売上の計上などの数字周りの仕事も多いです。

飲食店向けのPOSシステムを利用すれば負担を軽減するだけでなく売上の向上にもつながりますので、ぜひ導入を検討してみてください。

基礎知識から製品選びまで、飲食店POSシステム徹底ガイド

スマートなPOSシステムを探すなら iPad POS構築比較ナビ

今よりもっと快適に!オーダーエントリーシステムおすすめガイド

【番外編】M&A買収で開業する方法

居酒屋を開業する一つの裏技として、M&Aによる店舗の買収という方法があります。非常に効率の良い開業方法なので、ぜひ知識として覚えておいてください。

少子高齢化が進む現代、会社のオーナーや個人事業主の中には、後継者不在に悩んでいる人も少なくありません。もちろん居酒屋オーナーの中にも、同じ悩みを持っている人は多くいます。

従業員に店を譲るにしても、従業員自身に店を買う資金力がなければ実現しません。なんとか廃業せずにハッピーリタイアしたい、と高齢化した居酒屋オーナーは考えています。

その繁盛店を第三者である自分が買う、という方法がM&A。居酒屋開業の裏技です。詳しく知りたい方は、以下のサイトをご覧ください。

開業のための買収ならM&A仲介会社に相談!

「儲かる居酒屋 開業計画」は、管理人が独自に調査・収集した情報によるものであり、成功を保証するものではありません。また常に最新情報を更新しているとは限りません。最新情報は各社公式サイトでご確認ください。最後に、皆様の成功を心から願っております。