居酒屋で独立開業!美味しいフランチャイズ情報

HOME » 居酒屋を開業するには » 必要な資格

必要な資格

ここでは、居酒屋を開業する前に取得しておきたい資格について説明します。まずこれがないと開業できない、最低限取得しなければならない許可は「食品衛生責任者」資格、店舗の収容人数によっては「防火管理者」資格も必要です。

居酒屋開業に最低限必要な資格とは?

(1)食品衛生責任者

飲食物を扱う店であれば、必ず「食品衛生責任者」が1店舗に1人必要です。調理師や栄養士などの資格を有している人でなくても、各都道府県で実施している講習を受ければ誰でも取得できます。講習期間は1日、受講料は1万円くらいです。

(2)防火管理者

収容人員が30人以上の店舗(従業員も含む)だと、消防法により防火管理者を選任する必要があります。講習期間は1~2日、受講費は3,000~5,000円くらいです。

よく勘違いされがちですが、上記2つがあれば、調理師免許がなくても居酒屋は開業できるのです。

居酒屋開業時に必要な届け出・手続き

開業の申請は、食品衛生責任者は管轄の保健所に、防火管理者は管轄の消防署に届け出します。

消防署にはこのほか、「火を使用する設備等の設置届」と「防火対象設備使用開始届」も必要です。ただし、後者は内装業者が届ける場合がほとんどです。念のため確認しておくとよいでしょう。

その他、役所への届け出を以下にまとめました。

  • 警察署
    ・深夜酒類提供飲食店営業開始届出書(深夜0時以降に種類を提供する居酒屋)
    ・風俗営業許可申請(スナック、キャバクラなど)
  • 税務署
    ・個人事業の開廃業等届出書
  • 労働基準監督署
    ・労災保険の加入手続き(従業員を雇う場合)
  • 公共職業安定所
    ・雇用保険の加入手続き(従業員を雇う場合)
  • 社会保険事務所
    ・社会保険の加入手続き(法人は強制加入、個人は任意)

上記の届け出は、営業開始の2カ月前~10日前までと、申請期間がバラバラです。各届け出先に確認し、できるだけ早めに手続きを済ませておきましょう。