居酒屋で独立開業!美味しいフランチャイズ情報

HOME » 居酒屋を開業するには » 必要な資金

必要な資金

居酒屋の開業資金の詳細についてまとめました。どんな経費がいくらかかるのか、大まかにまとめると「物件取得費」、「内装設備費」、「備品」の3点になります。

居酒屋開業に必要な資金とは

(1)店舗物件の取得費

まずはどこに居酒屋を開業するのか、店舗となる物件を不動産会社などに行き決めます。

賃貸物件を借りる場合は、敷金となる保証金(賃料の6~12カ月分が目安)と礼金(賃料の2カ月分が目安。ない物件もある)、不動産会社に支払う仲介手数料などがかかります。これらを合わせた相場は、店舗賃料の10~12カ月分というケースが多いようです。

(2)内装・設備工事費

居酒屋の場合、照明や大型冷蔵庫、空調やダクトの設置、調理用ガスコンロなど光熱関係で費用がかさむので、一般の事務所や住宅と比べ高額になります。

さらに、飲食業許可を取得する際に必要になるグリストラップなどの設置費用もかかります。新装の場合だと、内装工事費は1坪あたり30万円程度が目安です。設備費は数十万円はみておきましょう。

この経費を少しでも抑える方法として、前の店舗の内装や設備をそのまま受け継ぐ「居抜き」という手法があります。その場合、前の借主への譲渡代金や店舗クリーニング費などが必要です。金額は内装や什器の状態、経過年数などによっても変わりますが、新装するより安くなるのが一般的です。

(3)備品

コップや食器など客に出すものから、看板やメニュー、さらには電話、パソコン、チラシ(販促物)なども必要になってきます。規模にもよりますが最低でも10万円はかかるでしょう。

トータルでみると、お店の規模や立地、どんなコンセプトの居酒屋を開業するのかによって大きく変わってきます。200~300万円くらいの低資金で開業できる居酒屋もあれば、初期投資が数千万円単位になるケースもあるのです。

イニシャルコストを抑える居酒屋開業術

低資金で居酒屋を開業するには

はじめて居酒屋を経営するという方なら、最初から数千万円もの資金を投資するのは敷居が高いもの。

少しでもイニシャルコストは抑えるためには、小規模の居酒屋か、低資金ではじめられるフランチャイズ(FC)居酒屋を選択するのがオススメです。

FCであれば、綿密な出店計画に基づいて一定の来客が見込める店舗物件を決めるので閉店リスクが抑えられますし、経営ノウハウも豊富なので学びながら営業ができます。また1店舗目で成功すれば、将来多店舗経営を目指すチャンスも広がるのです。