居酒屋で独立開業!美味しいフランチャイズ情報

HOME » 居酒屋を開業するには » 開業準備スケジュール

開業準備スケジュール

個人で居酒屋を開業する場合の準備スケジュールをまとめました。成功するにはまず準備が大切です。オープンまで気を抜かず、しっかり計画を立てて臨んでください。

居酒屋開業までの準備スケジュール

(1)コンセプトを決める
まずは、どんな居酒屋にするのかを決めることからはじめます。店のコンセプトやターゲット、商品の内容、立地などイメージを固めていきましょう。イメージが漠然としている場合は、情報収集を。インターネットや雑誌、フランチャイズ会社が開いているセミナーに参加するなどして、コンセプトを決めていきます。

(2)資金の準備・計画
「必要な資金」ページで紹介した開業資金を準備します。自己資金で不足する分は、銀行から借り入れるなど、調達先を確保しておきます。ここで、売上や収益の見込み概算も行っておくと、店舗賃料などの概算も出しやすくなりますよ。

(3)店舗物件探し
居酒屋は立地が重要。加えて電気やガス容量、給排水、排気ダクトなど確認事項が多いので店舗賃貸を多く扱っている不動産会社など専門業者と相談しながら決めていきます。じっくり検討して店が決まったら、契約手続きを行います。

(4)内装・設備工事
(1)で決めたコンセプトに適した施工ができる業者を決めます。複数業者にコンタクトを取って相見積りを取るなど、信頼できるところを選びます。あわせて業務用冷蔵庫やガスコンロ、テーブルやイス、食器類など営業に必要な設備も調達していきます。

(5)メニュー・仕入れ先の決定
(1)で決めた商品の内容を具体的に決めます。提供するメニューが決まったら食材をどこから仕入れるか、配送ルートや配送時間などを検討し、取引先の業者も決めます。業者によっては食品サンプルを提示してくれるところもありますので、選定する際の参考にするとよいでしょう。これが決まれば、提供する商品価格も設定できます。

(6)役所への届け出
「必要な資格」のページで紹介した各種届出を行います。もしスナック、キャバクラなどに属する店だと、「風俗営業許可申請」を開店2カ月前に届け出なければなりません。その他の申請もできるだけ早めに済ませておきましょう。

(7)従業員の採用
アルバイトスタッフなど人手が必要な場合は、できるだけ早めに確保しておきましょう。飲食業界全体にいえることですが、雇用される側も好条件でなければなかなか集まらないのが現状のようです。近所の居酒屋など競合の採用状況を参考に、スタッフの確保と教育も進めましょう。

(8)開業前準備
実際に提供する料理のリハーサル、スタッフへのトレーニング、店舗設備の使い勝手の確認、商品・備品の発注・納品・配置…など、開店前はやるべきことがたくさんあります。この準備が開店後の成否を決めるといっても過言ではありませんから、やるべきことを整理して改善すべき点は解消していきます。

(9)開業
いよいよ開業です。売上・収益など、すぐ軌道に乗れたらよいのですが、実際は当初の予測を達成できないこともあるかと思います。開店後もフレキシブルに改善すべき点は早めに改善し、コンセプトから大きく逸脱しない程度に新しい試みを計画し実行していくことが大切です。

 

以上をご覧になってもわかる通り、居酒屋の開業は実に煩雑でたいへんです。

はじめての開業なら、開業計画・商圏調査・店舗設計・什器や備品の準備・仕入先調達などの手間を抑えることができるフランチャイズに加盟することを検討してもよいでしょう。開業後も安定経営のアドバイスがもらえるなど、閉店リスクも抑えられます。